本文へスキップ
横浜市港南区|心療内科、精神科|上大岡駅そば、こころのクリニック。カミオクリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-374-5030

クリニックだよりDoctor's blog


2017年12月21日 年末のご挨拶
 師走、早いもので新年の足音がもうすぐそこまで聞こえてきそうですが、耳を澄ませる余裕もないくらいせわしい毎日を皆様お過ごしになっているかもしれません。当院も今年の4月に開院してから多くの患者様と出会いました。当院は、患者様に「自宅にいるかのような」安らぎを感じて頂けるようにという院長のコンセプトの元、スタッフも心地よい空間作りに色々と配慮させて頂いております。
 その一つにドアを入られた瞬間から心が癒されるようにと、アロマを焚いております。(※香りが苦手な患者様には配慮させて頂いております)アロマの香りと音楽の中で診察までの時間をお過ごし頂いています。その日によってスタッフが香りを選び焚いておりますが、アロマも様々な種類があり、それぞれに効能がございます。香りは私たちの体に心地よいプラスの作用をしてくれます。
 12月益々寒さが厳しくなってきております。冷え性の方には、お辛いこの時期、柑橘系のアロマは血行促進作用があるので、オレンジなどのアロマオイルをお風呂にたらしたり、足湯にしてみると体を温める効果があるようです。
 また最近まわりでも咳をしている方が増えてきましたが、風邪の予防には、ティーツリー、ペパーミント、ユーカリ、レモン、ラベンダーが効果があると言われています。ティッシュにこれらのアロマを1,2滴たらしてオイルがついた側が内側になるように畳んでマスクに挟んだり、マスクの鼻があたる部分にオイルをつけても効果があるようです。マスクにつける場合は、直接つけるのではなくティッシュにつけてからそれをマスクにつけるほうが匂いがきつくなりません。風邪を予防するには、食事と睡眠は欠かせません。当院にも眠れないなどのお辛い症状を訴える患者様もいらっしゃいますが、良質な睡眠を促すアロマとして、ラベンダーとオレンジを組み合わせるとリラックス効果があり、就寝前のお部屋に焚くと心地よい眠りにつくことができるかもしれません。分量配分としては、ラベンダー1とオレンジ2の割合でお茶碗のお湯に入れてお部屋に置き自然のアロマテラピーにしてもよいです。または、濡れたタオルに香りをつけてお部屋に干したり、ティッシュに垂らしたものを枕元に置いても効果があるようです。ルームスプレーとしてもお使い頂けます。当院でもこの香りの割合でアロマを焚いている日もございます。
 その他にもリラックス効果のあるものとして、ローズウッドなどもございますが、ウッド系の香りは好みが分かれるかもしれません。一般的にはお風呂に5滴くらい垂らすと、お風呂場に香りが広がりリラックス効果をもたらすだけでなく、お風呂の殺菌作用もあるそうです。大き目の桶に2,3滴たらして足湯にしても手軽に楽しめると思います。アロマを使用する際の注意点としては、原液を皮膚につけないこと、飲まないことです。服につくとシミの原因にもなるのでご注意下さい。万が一皮膚についた場合は、冷水でよく洗い流すこと、それでも異常を感じた場合は医師の診断を受けましょう。
 忙しい現代社会、誰しも気付かぬうちに心身共に疲れが蓄積しているものです。手軽な「香り」というアプローチで、ふと立ち止まって自分自身を癒してあげるのも時には必要かもしれません。
 今年も皆様には大変お世話になりました。地域の皆様の心身の健康を心より願い、貢献していけるようこれからも院長、スタッフ共に一丸となり精進してまいります。
 皆様どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

Camio Clinicカミオクリニック

〒233-0002
神奈川県横浜市港南区
上大岡西1-15-1 camio402
TEL 045-374-5030
FAX 045-374-5035